「”競技”ではなく”カルチャー”として伝えたい」ママスケーターが望む息子の未来 |Mom Skater Wants Her Son To Know That Skateboarding Is Not Just A Sport

「夫は仕事、妻は家庭

“The husband goes to work while the wife stays at home.”

そんな昭和型夫婦の考え方に賛同する日本人は未だに多いが、最近のスケートパークでは夫婦ともにスケートを楽しんでいる姿がよく見られる。結婚ましてや子供ができ、圧倒的に自由な時間が減るなかで趣味に打ち込む時間を作るのは難しいだろう。現代の夫婦はどのようにして家事や子育ての分担、さらにはお互いの滑る時間を確保しているのか。

It’s a stereotype of what a happy family looks like from decades ago, and about half of the Japanese still believe in that. On the other hand, cool mothers are often seen by themselves or with their families at skateparks. You can imagine that it would be very hard to make time for skating after a child is born. How do skater families manage to do their housework and take care of their children in order for their fathers and mothers to be able to skate?

今回は、スケーターの旦那さんをもち、1児の母親であるママスケーターのRiyokoさんに話を聞いた。

Introducing Riyoko, who skates as a mother of a son and has a skater husband. She was kind enough to talk about the differences on how she looks at skateboarding before and after giving birth.

Photo by Azusa “Nigo” Adachi

結婚・出産前はサラリーマン生活を送っていたRiyokoさんは14年前、当時26歳の時にスケートをはじめた。普段1人で行動することが多く、パークに通うようになってからは彼女なりのルーティーンがあった。朝9時にセタコー(世田谷公園)で滑り、一度帰宅して昼食をとり、午後は駒沢(駒沢オリンピック公園)で滑り倒すといったハードなものだ。これを毎週末くり返していたそう。平日でも時間を見つければ滑っていたが、出張なども多く大変だったため、土日集中型でずっとスケートを楽しんでいた。駒沢公園には完全にスケートだけをしに行っていたため「あの子滑り終わったらさっさと帰るね」など言われていたとか(笑)パークにいるスケーターとは挨拶以上会話未満の関係だった。滑った後の夜は、友人のライブを聞きに行ったり、飲みに行ったりと充実した日々を送っていたなかで今の旦那さんと出会うことに。

Riyoko started skating 14 years ago when she was 26 working a full time job. Because She couldn’t skate during weekdays due to having lots of work trips, she had her own weekend routine; skating at Setagaya park at 9 in the morning, going back home only for lunch then skating again at Komazawa park until closing time. According to the local skaters, she was the type of a girl who comes to the skatepark for only skating. Though it wasn’t like she didn’t have any friends at skateparks. At night, she usually went to live concerts and went drinking with her friends, and that’s how she met her husband later on.

当時Riyokoさんがスケートをはじめた時にはいなかったママスケーターは、周りでちらほらと増え始め、彼女たちが産後に滑っている姿を見て、本人も子供がほしいと強く思ったそう。

Back in the day, “mom skater” wasn’t even such a thing like it is now, but Riyoko knew few people who gave birth and got back to skateboarding after. The other mom skaters proved to her that you can still skate after giving birth, and that made her want a child more.

妊娠中にオーリーなど大きくジャンプするような運動は控えるべきだが、妊娠初期にプッシュぐらいの運動は多少できるとのこと。しかし、Riyokoさんは妊娠発覚後すぐに酒・タバコをやめ、それと同時に、スケートボードに乗ることも一切やめた。Riyokoさんが滑りに行けない状況のなか、変わらず滑り続ける旦那さんとパークには一緒に出かけていた。「(出産後は)落ち着いたらたくさん滑りたいなぁ」と心密かに思いつつ、子供が生まれるまでは旦那さんにたっぷりと滑る時間を与えていたそうだ。

Skating while pregnant isn’t recommended: it has the high risk of falling and injury, but you can still do pushing if it’s not too uncomfortable. However, Riyoko decided not to ride on her skateboard at all as she stopped drinking and smoking. She got to look at skateboarding from outside, and enjoyed it by going to skateparks with her husband. Riyoko gave him a lot of time to skate thinking “I want to skate as much as I want when the baby comes out.”

いざ2年ぶりにスケートボードに乗ってみると、プッシュもよろよろで完全にゼロからのスタートだった。ポジティブにオーリーの癖を直すチャンスと捉えて産後のスケートを楽しむことに。しかし、癖というのは手強いもので特に直らなかったそう(笑)Riyokoさんは、以前できていたことができなくなったことに凹まず、むしろできなくなったことが再びできたときに喜びが倍増し、スケートがもっと楽しくなると話す。

Riyoko was barely able to push after 2 years of not skating. She positively thought it was a great chance to relearn how to skate from getting perfect ollies, but her ollies couldn’t be fixed. She never gives up even if she can’t make the tricks she used to be good at. Instead, she says that the joy of skating doubles up when she gets those old ticks back.

スケートボードは正式にオリンピックの競技種目として登録されたが、リアクションは人それぞれ。パークが増えたり、参入する企業が増えたりと、スケートの環境がよくなることが期待される。その反面、ストリートカルチャーゆえの魅力が失われていっていることも事実だ。スケーターが各地のスケートパークや周辺でルールを守らなかったり、スポット(スケートに適した場所)がゴミや騒音などの問題によって潰れていったりと改善点が山積みだ。

Everybody has different reactions to skateboarding becoming an official olympics sport. It’s exciting that there will be more skateparks and skateboarding businesses in the future. However, skating is originally an expression of freedom and originality, and there is no “who’s better than who”. Moreover, the skater population is rapidly growing, and it’s causing issues such as bad manners at both skateparks and skate spots.

そんななかでRiyokoさんは、自分の息子にはもちろんスケートの上達も本人が望むなら応援するが、無理に続ける必要はないと話す。それよりもスケートのカルチャーを通して、何か学んでくれればといいなという願望ぐらいだそう。例えば、スケートボードは男女・年齢・国籍関係なく人と交流できる。普通の小学校や塾、習い事に通うだけでは出会えない多様な価値観をもつ人が集まりやすいのも特徴的だ。「先生が教えてくれないあんなことやこんなことも学べるよね(笑)」とつぶやく。また、社会問題を日常的に意識している海外スケーターからも良い影響を受けてほしいと話す。

Riyoko says that she will support her son to become a skilled skater if he wishes because it doesn’t feel right to force him to continue skating. At least she hopes that her son will learn something from skateboarding mentally and culturally. For example, the skate community here in Tokyo is a gathering of diversity compared to the other communities in Japan so that you get to meet people who don’t follow the rules of gender, age or nationality. Going to skateparks may teach you something you don’t learn at school. Also, the skate culture will be a good influence on knowing the social issues, because a lot of skaters in the world are often raising their voices when they have to.

産後から4年近く経った今は、夫婦で上手くバランスをとってお互いのスケート時間を確保している。だいたいの休日は、Riyokoさんが朝お弁当を作り、息子を旦那さんに託して午前中滑りに行く。そして家族がお弁当を食べ終わる頃に交代し、午後は旦那さんが滑るというシフト制だ。前夜に家事を終わらせたりと滑る時間を少しでも増やすための努力も惜しまない。大好きな家族の理解があってこそ成り立つ今のライフスタイルだが、Riyokoさんは常に感謝の気持ちを忘れずに家事や子育て、スケートボードに励んでいる。

It’s been 4 years since Riyoko has become a mother, and there’s this simple routine that her family’s been trying out; On weekends, Riyoko prepares bento boxes for the family and goes skating in the morning, then comes back home for her husband to go to skate in the afternoon. She sometimes gets some housework done the night before when needed. At last, Riyoko says that she will never forget to appreciate her family’s understanding and support.

Nike SB Japan Diary

東京を拠点にガールズのスケートシーンを盛り上げている、”にごちゃん”ことAzusaさんの日常がそのまま映し出されたムービー “JAPAN DIARY” がNIKE SBから配信中。今回密着のきっかけにもなった Skate Girls Snap は、カメラを武器に活躍するAzusaさんが、国内外問わず出会ったガールズスケーターのスナップ写真を撮っていくプロジェクトだ。”We are all different and are all wonderful.(みんな違ってみんないい)”といったメッセージを込めて、ガールズスケーターの多様性を世の中に発信している スケートボードは自由である。乗り方から服装まで、個人のチョイスで楽しむことができるのが大きな魅力だ。その対照に、日本で生まれ育った多くの人々は、社会のしがらみや固定概念にとらわれやすい。私たちは常に「こうなれ、ああなれ」と他人の理想を押しつけられ、自分のアイデンティティを見失ってしまう。日本のスケートシーンにもまだそのような考えが深く根づいており、自分らしくスケートボードを楽しむ大切さを、Azusaさんは動画内で伝えていた。 “I wanted girls to know that they don’t have to adhere to the stereotype of a skater girl…They can dress how they want, set up their skateboards how they want, and skate how they want.” スケートボードに出会ってから、人生が大きく変わったと言っても過言ではない。3年間のアメリカ生活を経て帰国した私には、日本に友達がいなかった。そんなときにはじめたスケートボードが今では友達だけでなく、新たな未来を与えてくれた。当初は、同じ時期にスケートボードをはじめた友達と競うように滑っていたが、いろいろなスケーターに会うことで「自分は自分、他人は他人」という考え方ができるようになった。上手い下手は関係なしに、自分がどれだけ夢中になって楽しめるか、自分の理想に向かって努力することが大切なんだと。そう気づくことができた私は、より多くの人が「自分らしさ」を追求しながら生きていければいいなと思う。 Thank you, … Continue reading Nike SB Japan Diary

「言葉での自己表現がずっと苦手だった」デザインや滑りで魅せるスケーターの成り立ち | “I’m Not Good With Words” How He Expresses Himself Through Designing And Skating

自己表現の方法は人それぞれである。一番身近なものとして “言葉” でコミュニケーションをとることが挙げられるが、それだけが全てではない。スケートはもちろんのこと、歌やダンス、写真や絵なども自分を表現できる方法となる。しかし、”言葉” というツールは、現代社会を生きるうえでマストとなっているのは事実であり、人との会話を得意としている人が優位な世の中になっているようにも見受けられる。新しい人との出会いや、ビジネスを発展させる際に会話のスキルは欠かせないが、口下手は個性としてとらえることもできるだろう。”言葉” を扱うのが苦手ならば、他の方法で表現すればいいのではないか。 There are many ways people express themselves. Communicating with “words” would probably be one, but there are more; such as singing, writing, dancing, painting, and of course skating. Some of you might be wondering what expressing yourself means. It is to let the world know who you are so that … Continue reading 「言葉での自己表現がずっと苦手だった」デザインや滑りで魅せるスケーターの成り立ち | “I’m Not Good With Words” How He Expresses Himself Through Designing And Skating

神戸のスケートシーン先駆者が手がける無添加バーガー | Pioneer of Skate Scene in Kobe Makes Healthy Burgers

街で滑って、街でコンビニ飯。 Skaters basically live on the street: They skate, drink and get food from a convenience store. 時間があればスケートしたいヤングスケーターにとって、安くて美味しいコンビニのご飯やファーストフードはとても便利だ。しかし、コンビニなどで売られているお弁当やパンなどには多くの食品添加物が含まれており、毎日食べることはあまりおすすめできない。食品添加物とは、食品の加工や保存のために用いられるもので、なかには発ガン性をもつものや遺伝子に影響を及ぼすものなど、その安全性が疑われるものが多くある。何十年も摂取し続けると体内に蓄積され、解毒が難しい。 Convenience store food is easy, cheap and decently good. But the worst part about it is that it’s not as healthy as most of you think. Those bento boxes, pastries and fried food are full of food … Continue reading 神戸のスケートシーン先駆者が手がける無添加バーガー | Pioneer of Skate Scene in Kobe Makes Healthy Burgers