ストリートでも”飛ぶ鳥跡を濁さず”。みんなが環境問題について考えるべき理由とは | “Clean Up After You Skate” The Reasons Why We All Need To Care About The Environment

コンビニやスーパーでレジ袋が有料化となったり、地域のクリーンアップ活動が増えたりと、日本の街中でも環境への配慮が少しずつ見られてきた。しかし、その他の先進国に比べると大変遅れており、国民たちの意識のもち方も違う。特にスケートしているうえで目立つのが、かっこいいと思いながらゴミやタバコを捨てていく姿だ。スケーターだけに限らず、どうすればみんながもっと環境問題について考えられ、アクションを起こせるのだろうか

Japan is slowly becoming environment friendly: there are no more free plastic bags at stores, and more clean up volunteer groups. But People in other developed countries have a much better understanding of it. Littering trash and cigarette buts is often seen in skate scenes, and moreover many skaters seem to think they’re cool doing that. How can we get more people to care about the environment casually?

今回は、地球に優しいアウトドアブランド、Patagoniaで働きながらも、独自のアパレルブランドを手がけているスケーター、Yutakaさんに話を聞いた。

For this article, a skater, Yutaka who works at Patagonia and has his own clothing brand, talked about his ideas related to environmental issues.

旅行が好きだった理由から、ツーリズムを専攻していた大学時代のバンクーバー留学を筆頭に、環境問題についてに興味が深くなっていったというYutakaさん。日本人は少し身を引いてしまいがちなトピックだが、カナダでは”カルチャー”として身近に感じることができたそう。環境についてケアすることがライフスタイルの一部になっているカナダ人に憧れを抱いたのがきっかけである。帰国してからは、積極的に環境に関する情報収集を行っていた。そしてアルバイト期間を経て、Patagoniaに就職となる。

Yutaka got started paying more attention to the environment when he was studying abroad in Vancouver, Canada. It’s the topic that a lot of Japanese refuse to talk about, but it was different there: Thinking about the environment was part of the culture, and he was attracted to that. Yutaka had changed his major from Tourism to EcoTourism after he got back to Japan. And now he works at Patagonia.

スケートパークやストリートで多く見られる、ゴミやタバコのポイ捨てに関してYutakaさんは、”飛ぶ鳥跡を濁さず”ということわざを教えてくれた。自分の使った物や場所を汚ないままにするのは失礼であり、必ず綺麗にしてから返すことを常日頃から心がけているとのこと。それを地球規模で考えた時に、人間は果たしてそうできているのか。せめてポイ捨てしたゴミやタバコがどうなるのかは認識していてほしいと話す。喫煙者の友人がポイ捨てをしていても、直接的に注意はしないが、みんなが彼の”環境を守りたい”という気持ちをリスペクトするかのように、目の前では心がけてくれるとのこと。

Yutaka brought up a saying, “It is foolish bird that defiles its own nest.” about the skaters and littering issues. It’s what he reminds himself of in everyday life, and the meaning of it is that you should clean up after using someone’s stuff or places. It’s the same as treating the earth right. At least people need to know where the thrown trash goes, says Yutaka. He almost never tells his friends even if they don’t take care of their trash, but they make some effort to not so when Yutaka’s around.

そんなスケーターだが、洋服をすぐには捨てず、1着を長く着続ける傾向は素晴らしいことだと言う。スケートブランドは規模がそこまで大きくないため、単価が高くなる。最近では、生地からパターンまでこだわっているものも多く、デザインだけでの服選びでは時代に合わないようになってきている。Tシャツ1枚を作るにあたり、2,700ℓもの水が使用されていたり、捨てられる服が年々増加していたりと、アパレル業界の問題は山積みだ。だからこそ買う服1枚1枚を大切に使うことや、リサイクルすることの心がけが大切である。

On the other hand, Yutaka says that it is one of the good qualities that skaters tend to keep wearing the same clothes until they get worn out. It’s because many skate brands haven’t been that big so that the price gets higher than the fast fashion brands. In 2021, it’s too late to choose your clothing only for designs. About 2,700ℓ of water is required for a T-shirt to be made, and lots of clothes are dumped out more and more every year, and there are more issues in the apparel industry. Choose what you wear carefully, and remember to recycle them.

Yutakaさんの手がけるアパレルブランド、Spinachはポップなイラストが印象的だ。ローンチ記念としてProvで行われたポップアップイベントは、大いに賑わいを見せていた。デザインはもちろんのこと、環境への配慮にもこだわっているSpinachは、無駄を減らすために商品の少なめに在庫を持り、売り上げの5%をWWF(世界自然保護基金)に募金していたり。Spinachのアパレルを着ることにより、環境問題をもっとおしゃれに、もっと身近に感じてもらえれば嬉しいと話す。

Yutaka officially launched an apparel brand named Spinach. The pop up event was held at Prov for 2 days, and it ended with success. The designs are cute, but what’s more cute are that its goods are produced in small quantities and 10% of sales get donated to WWF (World Wildlife Fund). You get to contribute to the environment while being fashionable.

自分が心がけることで、周りにも広がっていく地球へのいたわり。ビニール袋や、プラスチックなどのシングルユースを日常的に使っていることにまず違和感をもったり、ゴミは必ず持ち帰ると決めたりとできることはさまざまだ。完璧に0にすることはとても難しいが、Yutakaさんは「2よりも3の方が環境に悪影響だとしたら、その3をなるべく1に近づけることが大事」と話す。そう考えることにより、もっと気軽に環境について考えていけるだろう。

A compassion for the environment passes from one person to another. You can start out with having doubts on using single use products or littering. Yutaka says that it is impossible to make 3 to 0, but we could try to make 3 to 1. And it feels easier to make a first step to a better understanding about where we live.