共存への第一歩!THEM SKATES X WKND SKATEBOARDS

スケートパークやストリートは、スケーターだけのものではない。しかし、スクーターやインラインスケート、時にはBMXを邪魔者扱いするような風潮があることは事実だ。歴史的にもスケートがストリートスポーツの先駆者であることは間違いないが、彼らに対するリスペクトが足りないのではという場面も見られる。

一方アメリカでは、WKND Skateboards と Them Skates による「スケート×インライン」のコラボが誕生した。似た者同士であるにも関わらず、これまで一切交わることを予想されていなかった双方だが、これを機に平和に共存していくことが期待できるのではないか。

今回のコラボ商品として、Themはインラインを履き、スケートを抱えた犬のデザインなどが施された、明るいオレンジが目を引くインラインスケートを。WKNDは同じイラストレーションを用いた3種類のデッキを発売した。

歴史的なコラボを記念して、WKNDからは面白おかしいショートコント動画も発表されている。また、数々のスケーターとインラインスケーターが一緒に街を滑り行く動画も要チェックだ。

10月27日(木)は原宿・SankeysでFEEL BATATA! | Feel Batata! on October 27th at Sankeys, Harajuku

今週の木曜日は、原宿のペントハウスでおしゃれなナイトを楽しもう。

Club Batataがお送りする “Feel Batata” が10月27日(木)にSankeys PENTHOUSEにて行われる。Q Plaza HARAJUKU の最上階にあるミュージック・バーラウンジは、煌めく東京の夜景をバックに、音楽とお酒を楽しめるのが魅力だ。厳選されたDJたちによるGroovyなミュージックセレクション。さらに今回は、スケーターアーティストによる写真や絵画の展示も見逃せない。

これまでさまざまなロケーションでパーティを繰り広げてきた Club Batataが目指すのは、Disco Night の演出。クラブの原点である “Disco” は、音楽と飲食が提供され踊ることができるディスコホールのこと。また、80年代に盛り上がりをみせたダンスミュージックのジャンルでもある。音楽はもちろんのこと、お酒とダンスも大切な要素として見ている。

東京のクラブシーンでは、Hip-Hopをはじめ、TechnoやHouseが特に盛り上がりをみせていた。しかし、オーガナイザーであるRenanさんやKickさんが求めていたのはまさにDiscoであった。彼らにとって心から踊りたい!と感じるイベントが少なかったため、自分たちでそういった場を作ろうと決めた。

ところで “Batata(バタータ)” はどんな意味をもつのか。オーガナイザーのRenanさんがブラジルにルーツをもっていることもあり、相方のKickさんがポルトガル語の単語をピックアップ。実は日本語にすると ”じゃがいも” を表すこの言葉。どちらかというと地味な印象を受けてしまう “じゃがいも” だが、それにはすべての人に刺さるメッセージが込められていた。田舎から来たようなルックスの人を表現する際に聞く「芋っぽい」が由来となる。ネガティブな意味で使われることが多いが、ここでは「あの頃の自分」を表している。「初心を思い出す」「ありのままの自分で」と捉えることができるだろう。ナチュラルに、変にかっこつけずに、自分のままに。

みんながありのままに踊れる場所を提供したいという思いを込めて、パーティの開催を続けているClub Batata。今後はイベントだけにとどまらず、ひとつのコミュニティとして成長していくのが目標だ。スケートボードの魅力でもある “年齢・世代を越えてつながる” ように。

This Thursday awaits a lively night at the renowned Harajuku penthouse.

Club Batata presents “FEEL BATATA” at Sankeys Penthouse on Thursday, October 27th. The music lounge and bar on the top floor of Q Plaza HARAJUKU is the perfect spot to enjoy music over drinks with the glittering night view of Tokyo in the background. A carefully selected DJ lineup will guarantee a groovy feel, and, in addition, there will be an exhibition of photographs and paintings by up-and-coming local skaters and artists. 

This time, Club Batata, which has already held a multitude of parties, aims to recreate a night out at the disco. The disco is the origin of the modern club, which refers to a dance hall where music, food, and drink are served for everyone to indulge in, and it is also a genre of pop music that flourished in the 1980s. In addition to this, disco wouldn’t have been so memorable without its fancy cocktails and iconic dance moves. 

In the contemporary Tokyo club scene, hip-hop, as well as techno and house music, are particularly popular. However, what organizers Renan and Kick were looking for was precisely disco: they felt that there were not enough events that they really wanted to dance at, so they decided to create such a place by themselves.

“Batata” has a curious meaning. Since the organizer, Renan, has roots in Brazil, so Kick picked up the Portuguese word for “potato”. The word “potato” may seem rather plain, but it contains a message that appeals to many because “FEEL BATATA” takes inspiration from feeling “potato-like”, which is used when describing people of the countryside. Although often given a negative meaning, here it represents authenticity and rawness, in a come-as-you-are style. Specifically, don’t try too hard to be cool, act naturally, and just enjoy yourself. 

Club Batata continues to hold parties with the intention of providing a place where everyone can dance like nobody is watching, and their goal for the future is to grow as a community, not just as an event planner. They’re looking to create a space for people of all ages, in order to connect with each other, which is also the appeal of skateboarding, with which they’re heavily affiliated with.

Skate Video Premiere “M∞N” at 不眠遊戯ライオン

Skate Video × Hip Hop × House が渋谷を照らす一夜 “M∞N(ムーン)” 。Lesque SkateboardsからSayaka Takanoのウェルカムパートにあわせ、BuggyeやWorld Conspiracy Magによるスケートビデオの上映。さまざまなバックグラウンドをもつDJやラッパーたちによる音楽の融合。スケーターのソウルフードとしてお馴染みのPOTRERO TACORICEやOBTRAFFICによる新作アイテムもチェック必須。10月10日(祝月)不眠遊戯ライオンにて。

Skate Video Premiere “M∞N”
presented by SP∞CE Magazine

10/10 (Mon)
20:00 – 27:00

at 不眠遊戯ライオン

Entrance ¥1,500

SKATE VIDEO
SAYAKA TAKANO “LESQUE” WELCOME PART
BUGGYE
WORLD CONSPIRACY MAG

DJ
DJQu
Kodai Sato
Leo Ichikawa
MonoGoi
Naoki
Renan
Tyler

LIVE
Akira Something
Evee
Ivo

POP UP
OBTRAFFIC

FOOD
POTRERO TACORICE

Flyer Design by Ryutaro Itoga