「失恋は大事な原動力」バンコクの人に寄り添うBarとAirbnb

みんなはどんなときにやる気が出るだろうか。

希望に満ち溢れて幸せなとき

失敗して悔しいとき

スイッチが入るタイミングは人それぞれだ。そのなかで “失恋が自分と向き合うチャンスをくれた” という経験をした人は多いはず。相手を振り向かせるために自分を磨こうと努力をしたり、他人に与えていた自分の時間やエネルギーを成長のために費やすようになったり。だれかを愛し、失うことは人生において大切なことである。

そんなことを気づかせてくれたのは、タイ・バンコクでバーを併設したAirbnbを彼女と共に営んでいるPixieさんだ。

When do you feel motivated?

It could be when you’re hopeful and happy.

It could be when you’re sad after making a mistake.

The feelings or events that make you grow are different for everybody. Among all, having a heart broken is a popular one for sure: It makes you want to become a better person. Losing someone or something definitely needs to happen for growth, and you cannot avoid it.

For this article, Pixie, who runs a bar and airbnb in Bangkok, Thailand with his girlfriend, talks about what he has learned from his many heart broken experiences.

オーナーであるPixieさんは、元々ホステルの経営をしながら写真家としても活動していた。海外旅行も好きで、NYに長期滞在していた過去も。人と会話をすることが好きだと気づいた彼は、ホステルで交わす会話に物足りなさを感じはじめ、2015年にバーをオープンさせた。撮影や長期旅行で忙しい時期もあったため、オープン当初は不定期に運営していたそうだ。しかし、コロナの流行をきっかけに本格的にバー経営に専念する。外出禁止を強いられていた時期に、友人がお酒を楽しめる場所として提供をはじめた。シンハ―はもちろん、色とりどりのカクテルだけでなく、熱々のコンフォート・フードも魅力。ウェスタンな雰囲気が印象的なバーには、Pixieさんが子どもの頃から集めているというビデオテープやDVDを中心に面白いアイテムが見られる。気になるバーの名前である “Trailer Trash Blue Eyes” には、「最悪で美しい」という意味が込められている。直訳すると “ジャンキーが住んでいるトレーラー” に “美しい青い目” であり、どちらも対称的だ。「だれも完璧な人はいない」といったその美しさを表現している。

Pixie used to run a hostel by himself and also work as a photographer. He always knew that he loved to talk with people, and the conversations he was having at the hostel became not enough for him; he wanted to have deeper talks. In 2015, his little wish led him to open up a bar. It didn’t open regularly because he had to travel a lot at the time until the covid became a thing. Since the declaration of a state of emergency was announced, running the bar has been his main focus, and it is open almost everyday. Of course they serve sinha, nice cocktails, and even homemade comfort food. The bar itself got the western vibe inspired by the movies Pixie likes, and decorated with his collection all over the place. If you’re wondering, the bar is called “Trailer Trash Blue Eyes” and it basically means “fucked up beautiful” telling that nobody’s perfect, but that is the beauty.

美味しいお酒と料理を堪能したあとは、バーの真横にあるAirbnbで宿泊することも可能だ。その名も “Seeking Friends for the End of the Earth” 。世界の終わりに唯一残るシェルターのような場所であることを表している。こちらは、もともとホステルの運営が夢だったと話す彼女のNiceさんが担当。バー同様、部屋の内装には映画のポスターが多く飾られている。子どもの頃に見た『トイ・ストーリー』をきっかけに、サイエンスフィクションやファンタジー映画を中心に魅了されていったという彼女が創る素敵な空間となっている。陽気なPixieさんに比べ、あまり多くを語らないNiceさんは、コミュニケーションがあまり得意ではないと話す。しかし、お互いを助け合えるのがカップルのいいところなのではないか。

After enjoying tasty cocktails and food, or even a movie night they have weekly, you can have a nice sleep at Airbnb right next to the bar. The place is called “Seeking Friends for the End of the Earth”. It’s like where people can come and find friends after the end of the earth. Pixie’s girlfriend, Nice is in charge of the Airbnb business. She’s been dreaming about running a hostel for a while. “Toy Story” made her fall in love with movies like SF and fantasy. Likewise the bar, there are movie posters and photos up on the wall. Talking to people isn’t her strongest suit, but obviously Pixie can be little help there.

パートナーという存在は、愛に溢れていて心強い。しかし、時間の流れとともに関係を継続させていくには、お互いの価値観をすり合わせることが必要だ。今感じている最大限の幸せを継続させるには、カップルとしてゆるやかな成長を求めることが不可欠なのかもしれない。好きな人と過ごす時間に満足していると話すPixieさんは、安定した幸せがあるからこそ相手に与えることができるとも言う。バーに来てくれるお客さんの悩みを聞いたり、相談を受けたり。その反面、アーティスト活動は絶賛停滞中だ。これまでたくさん恋をし傷ついてきたという彼は、失恋の後はいつも心の痛みを誤魔化すかのように、新しいことを生み出すことに必死だったそう。「多くの名曲は失った悲しみから生まれる」ように、なにかを失うことは次のステップに向かうにあたって大切なプロセスである。これは恋愛だけでなく、家族や仕事などすべてに当てはまるだろう。

Having a partner does a great thing with love, but it is hard to maintain the relationship with time passing. Either of them or both need to work on compromising to stay happy together. Though, the love you feel becomes double. On this topic, Pixie is very happy with the life he’s having with Nice, and he’s willing to share the happiness with people that come to his bar. On the other hand, he sees himself struggling creating art during the past few years he’s in a relationship. Every time he got his heart broken, that was when he felt motivated to work on photography. In fact, many masterpieces were born from sadness and loss. Losing something is one of the important steps to go forward in life.

[Trailer Trash Blue Eyes]

Address: 3 15 Soi 19, Chatuchak, Bangkok 10900, Thailand

Open Hours: Mon – Sat, 5 PM – 11 PM

[Seeking Friends for The End of The Earth]

 Airbnb Info

共存への第一歩!THEM SKATES X WKND SKATEBOARDS

スケートパークやストリートは、スケーターだけのものではない。しかし、スクーターやインラインスケート、時にはBMXを邪魔者扱いするような風潮があることは事実だ。歴史的にもスケートがストリートスポーツの先駆者であることは間違いないが、彼らに対するリスペクトが足りないのではという場面も見られる。

一方アメリカでは、WKND Skateboards と Them Skates による「スケート×インライン」のコラボが誕生した。似た者同士であるにも関わらず、これまで一切交わることを予想されていなかった双方だが、これを機に平和に共存していくことが期待できるのではないか。

今回のコラボ商品として、Themはインラインを履き、スケートを抱えた犬のデザインなどが施された、明るいオレンジが目を引くインラインスケートを。WKNDは同じイラストレーションを用いた3種類のデッキを発売した。

歴史的なコラボを記念して、WKNDからは面白おかしいショートコント動画も発表されている。また、数々のスケーターとインラインスケーターが一緒に街を滑り行く動画も要チェックだ。

Astrology Guide: Different signs, different personalities | 12星座別の性格

Did you know that you can tell your personality from your zodiac sign?

Your sign is based on the position of the sun on the day you were born. And the zodiac is composed of 12 different signs with different personality traits for each. 

Although nobody would be the same because people grow up differently, you may understand who you originally are and why certain things are suited for you.

Aries (March 21 – April 19)

Eager, dynamic, quick and competitive.

Taurus (April 20 – May 20)

Strong, dependable, sensual, and creative.

Gemini (May 21 – June 20)

Versatile, expressive, curious and kind

Cancer (June 21 – July 22)

Intuitive, sentimental, compassionate and protective.

Leo (July 23 – August 22)

Dramatic, outgoing, fiery and self-assured.

Virgo (August 23 – September 22)

Practical, loyal, gentle and analytical.

Libra (September 23 – October 22)

Social, fair-minded, diplomatic and gracious.

Scorpio (October 23 – November 21)

Passionate, stubborn, resourceful and brave.

Sagittarius (November 22 – December 21)

Extroverted, optimistic, funny and generous.

Capricorn (December 22 – January 19)

Serious, independent, disciplined and tenacious.

Aquarius (January 20 – February 18)

Deep, imaginative, original and uncompromising.

Pisces (February 19 – March 20)

Affectionate, empathetic, wise and artistic.

星座で性格が分かるって知ってた?

生まれた日の太陽の位置によって、12の星座に分類される。それぞれ異なる特徴や性格をもつが、同じ星座でも生きる環境によって人は変化していくため、だれひとりと同じ人間はいない。しかし、星座に基づく性質は本来の自分を表しているかもしれない。

おひつじ座(3月21日~4月19日)

何ごとにも全力で一生懸命。素直で嘘をつけない。

おうし座(4月20日~5月20日)

芯が強く堅実。ひとつのことにじっくりと取り組める。

ふたご座(5月21日~6月21日)

コミュニケーション力が高い。持ち前の愛嬌で周囲の人に愛される。

かに座(6月22日~7月22日)

面倒見がいい。大切な人に対する愛情が深い。

しし座(7月23日~8月22日)

困難にも負けない強さを持つ。周囲の人への存在感を感じさせる。

おとめ座(8月23日~9月22日)

几帳面で気配り上手。しっかり準備をして物ごとに取り組む。

てんびん座(9月23日~10月23日)

抜群の社交性の持ち主。情報を活用できる頭の良さがある。

さそり座(10月24日~11月22日)

情が深く一途。会う人と合わない人を見抜く力に優れている。

いて座(11月23日~12月21日)

自由で前向きな性格。チャレンジ精神旺盛で人に壁を作らない。

やぎ座(12月22日~1月19日)

計画を立てて真面目に取り組む。いい加減なことができない。

みずがめ座(1月20日~2月18日)

独創的なアイディアの持ち主。行動力が高く協力を得やすい。

うお座(2月19日~3月20日)

縁の下の力持ち。感受性が豊かで人の気持ちに寄り添える。

An Indispensable of Asian Cinema: The Scent of Green Papaya | 青いパパイヤの香り

With the entire world’s cinema a touch away from a screen, it’s incredibly easy to surf through the multitude of movies ever created. The variety and access to all genres are definitely a source of overwhelm, though, and Hollywood’s fluff often overlooks the films that actually matter. The Scent of Green Papaya, a movie directed by the illustrious Tran Anh Hung, is a gem of a film that should be treasured and watched over again and again. 

インターネットの普及によって世界の映画を見ることができるようになった。これまで聞いたこともなかったジャンルにも気軽に触れることができるが、ハリウッドは重要視されるべき映画を見落とすことも。今回紹介する “The Scent of Green Papaya(青いパパイヤの香り)” は、ベトナム戦争後にフランスに移住したトラン・アン・ユン監督の作品である。より注目されるべき理由をこれから話していこう。

Taking place in Saigon, Vietnam, during the 1950s, the film brings us back to a pre-war era full of serenity, greenery, and stillness. It stars Mùi, a young girl who gets hired into a wealthy family as a servant. As she learns to cook fresh vegetables, clean, and observe the sons of the household, she bonds with the tranquility of the nature surrounding her, as well as the maternal figures who have been deserted by their husbands. The second part of the movie sees her fully grown into a gracious young woman, this time hired as a maid in the home of a prosperous musician. Romantic tensions arise between them, like the soft but sturdy web of a spider, sensual but knotty. 

この映画の舞台は、ベトナム戦争がはじまった1950年代のベトナム・サイゴン。主人公のミウが富裕層の家族に使用人として雇われる。彼女は料理や掃除を覚えていくうちに、身の回りの自然の静けさや、息子のお嫁さんたちと親しい仲に。その後シーンが変わると、少女だったミウは美しい若い女性に成長し、音楽家のメイドとして働いていた。その家族の息子と、次第に恋に落ちていく。

Though the story may seem snooze-worthy, The Scent of Green Papaya is pure enrichment. This ephemeral time leap back to Vietnam has something considerably familiar and nostalgic, and one glimpse of the movie feels like a jump into the tropical weather of this jade-colored country. Far from the Western eye of Orientalism, Tran Anh Hung presents a true-toned movie. 

ただ恋に落ちていくだけのつまらない映画に思えるが、The Scent of Green Papayaは純粋な気持ちにさせてくれる。この頃の映画といえば、欧米視点のアジアが描かれているものが多かったが、ベトナムをルーツにもつトラン・アン・ユン目線でのベトナムが演出されているのだ。そのため、当時のベトナム特有のノスタルジックな世界に入ることができる。

Virtues like patience, tenderness, and inner peace are disguised in the storyline of this Vietnam unknown to many. The placid day-to-day activities of The Scent of the Green Papaya remind us of the fragility of the present, as well as the forgiveness of informality. This movie has rightfully won multiple awards, notably a Cannes and a César award, for its masterful cinematography. 

忍耐、優しさ、インナーピースなどといったキーワードが隠されているこの映画。穏やかな日々を映し出している映像によって、現代のもろさや堅苦しさなどがより引き立って感じてしまう。The Scent of Green Papayaはカンヌ映画祭やセザール賞など数々の受賞を果たしている。

The Scent of Green Papaya feels like the humid breeze of summer embracing your nape, and regardless of if you know anything about Vietnam’s history, this is one of the most memorable and touching films out there. 

ベトナム戦争を知っていっても、知らなくても、この映画は人々に純粋さを与えてくれるだろう。

Biting the Forbidden Fruit: Why You Should Listen to Fiona Apple | フィオナ・アップル

If you recall the late 90s, it-girls were Chloe Sevigny, Kate Moss, and the like. Fiona Apple did not stand far from these women, but the American singer-songwriter had much more to say than just being cool. 

90年代後半の “it girl(世間を魅了する女性)” といえば、クロエ・セヴィニーやケイト・モス。さらにアメリカのシンガーソングライター、フィオナ・アップルもそのうちの1人であるが、ただ美しいだけでなかった。彼女は、音楽やメディアを通して物申す力強い女性として注目を浴びる。

Born as Fiona Apple McAfee-Maggart on September 13th, 1977, music was quickly embedded into her life as a young girl. Apple started composing songs on her piano at age eight, consequently fueling the creativity that will award her first Grammy at the release of her debut album, “Tidal”, in 1996. It’s safe to say that she was in the claws of fame before she could even consider it: it wore her down like a knitted dress on a conveyor belt. 

フィオナは、1977年9月13日にアメリカ・ニューヨークで生まれる。物心ついた頃から音楽は彼女の一部であり、8歳の頃からピアノの演奏、作曲を行っていた。1996年にグラミー賞の初受賞を果たしたデビューアルバム “Tidal” に匹敵するほどの作品を大量に生み出した。気づけば多くの人が彼女の存在を良くも悪くも知っていた状態だった。

The media often portrays her career as strange, chaotic, and tragic: though there is some truth to it, Fiona Apple was a visionary and a pioneer for female figures in the music industry. Before she even hit the stage, Apple has been a victim of bullying and abuse relentlessly, resulting in even further seclusion. Turning her bleeding wounds into raw and poignant lyrics, creating hits like “Sullen Girl” and “Paper Bag”, her talent was rapidly noticed by the crowd. However, Fiona Apple was like a scapegoat for critics: already being picked at for her looks, she was assaulted by the media for her speech while receiving an MTV award in 1997. She said, “This world is bullshit”, calling out Hollywood for falsifying artists’ lives and authenticity, all while pleading with her fans to forget about being trendy and fitting in. 

さまざまなメディアはフィオナのキャリアを “奇妙でカオス、そして悲劇的” と取り上げていた。音楽業界で一足先をいっていた女性アーティストがフィオナであった。ステージに立つ前から彼女は罵声を浴びるターゲットとなっていたのも事実だ。しばらくした後、傷口を自ら癒すかのように生々しく哀切に歌詞に落としていった。そして “Sullen Girl” や “Paper Bag” といったヒット曲を生み出したのだ。数々の優れた楽曲や世間からも評価されていたのにもかかわらず、彼女はいつも批判の的。彼女のルックスでさえ人々から反感を買っていたが、MTVアワードの授賞式で行ったスピーチはメディア上で問題視され話題となった。彼女が放った一言 “The wolrd is bullshit” には、アーティストがもつ真の力を折り曲げるハリウッドの権力を非難する意味が込められていた。トレンドになることや世間にフィットすることが全てでないと。

Regardless of the turbulence of her life under the spotlight, Apple has never abandoned her ingenuity. Deliberately creating aching and shocking songs, she has amassed tons of fans throughout the years. Above all, people consider her ahead of her time, since she has been open with topics such as mental health, surviving abuse, and dismantling the patriarchy when it was still taboo in the world of music and pop culture. Languorous at times, Fiona Apple is witty and ironic as she is enchanting. To many, Fiona Apple offers a space for femininity and masculinity to be explored regardless of binary norms, and also a space for lamentations and, consequently, solace.

破天荒でありながらもアーティストとして成功を遂げた彼女だが、常に自分が作りたいと思う曲を作成し続けた。ときには衝撃を与える曲もあったが、それでも多くのファンを圧倒する。当時のポップカルチャーや音楽業界ではメンタルヘルスについて話すことは絶対にありえなかった。しかし、フィオナはそういった反人間的な社会について言及してきた者のひとり。多少面倒な時期もあったものの、彼女がアイコニックなことに変わりはない。フィオナは多くの人に女性らしさと男性らしさを追及するチャンスを与えるきっかけや、悲しみの感情をもつことを許すということを教えた。

10月27日(木)は原宿・SankeysでFEEL BATATA! | Feel Batata! on October 27th at Sankeys, Harajuku

今週の木曜日は、原宿のペントハウスでおしゃれなナイトを楽しもう。

Club Batataがお送りする “Feel Batata” が10月27日(木)にSankeys PENTHOUSEにて行われる。Q Plaza HARAJUKU の最上階にあるミュージック・バーラウンジは、煌めく東京の夜景をバックに、音楽とお酒を楽しめるのが魅力だ。厳選されたDJたちによるGroovyなミュージックセレクション。さらに今回は、スケーターアーティストによる写真や絵画の展示も見逃せない。

これまでさまざまなロケーションでパーティを繰り広げてきた Club Batataが目指すのは、Disco Night の演出。クラブの原点である “Disco” は、音楽と飲食が提供され踊ることができるディスコホールのこと。また、80年代に盛り上がりをみせたダンスミュージックのジャンルでもある。音楽はもちろんのこと、お酒とダンスも大切な要素として見ている。

東京のクラブシーンでは、Hip-Hopをはじめ、TechnoやHouseが特に盛り上がりをみせていた。しかし、オーガナイザーであるRenanさんやKickさんが求めていたのはまさにDiscoであった。彼らにとって心から踊りたい!と感じるイベントが少なかったため、自分たちでそういった場を作ろうと決めた。

ところで “Batata(バタータ)” はどんな意味をもつのか。オーガナイザーのRenanさんがブラジルにルーツをもっていることもあり、相方のKickさんがポルトガル語の単語をピックアップ。実は日本語にすると ”じゃがいも” を表すこの言葉。どちらかというと地味な印象を受けてしまう “じゃがいも” だが、それにはすべての人に刺さるメッセージが込められていた。田舎から来たようなルックスの人を表現する際に聞く「芋っぽい」が由来となる。ネガティブな意味で使われることが多いが、ここでは「あの頃の自分」を表している。「初心を思い出す」「ありのままの自分で」と捉えることができるだろう。ナチュラルに、変にかっこつけずに、自分のままに。

みんながありのままに踊れる場所を提供したいという思いを込めて、パーティの開催を続けているClub Batata。今後はイベントだけにとどまらず、ひとつのコミュニティとして成長していくのが目標だ。スケートボードの魅力でもある “年齢・世代を越えてつながる” ように。

This Thursday awaits a lively night at the renowned Harajuku penthouse.

Club Batata presents “FEEL BATATA” at Sankeys Penthouse on Thursday, October 27th. The music lounge and bar on the top floor of Q Plaza HARAJUKU is the perfect spot to enjoy music over drinks with the glittering night view of Tokyo in the background. A carefully selected DJ lineup will guarantee a groovy feel, and, in addition, there will be an exhibition of photographs and paintings by up-and-coming local skaters and artists. 

This time, Club Batata, which has already held a multitude of parties, aims to recreate a night out at the disco. The disco is the origin of the modern club, which refers to a dance hall where music, food, and drink are served for everyone to indulge in, and it is also a genre of pop music that flourished in the 1980s. In addition to this, disco wouldn’t have been so memorable without its fancy cocktails and iconic dance moves. 

In the contemporary Tokyo club scene, hip-hop, as well as techno and house music, are particularly popular. However, what organizers Renan and Kick were looking for was precisely disco: they felt that there were not enough events that they really wanted to dance at, so they decided to create such a place by themselves.

“Batata” has a curious meaning. Since the organizer, Renan, has roots in Brazil, so Kick picked up the Portuguese word for “potato”. The word “potato” may seem rather plain, but it contains a message that appeals to many because “FEEL BATATA” takes inspiration from feeling “potato-like”, which is used when describing people of the countryside. Although often given a negative meaning, here it represents authenticity and rawness, in a come-as-you-are style. Specifically, don’t try too hard to be cool, act naturally, and just enjoy yourself. 

Club Batata continues to hold parties with the intention of providing a place where everyone can dance like nobody is watching, and their goal for the future is to grow as a community, not just as an event planner. They’re looking to create a space for people of all ages, in order to connect with each other, which is also the appeal of skateboarding, with which they’re heavily affiliated with.

ついに初パート!国内外で人気を集めるガールズスケーターが抱く夢 | What It Means For Japanese Girl Skater To Have a Video Part

変わることの美しさ、変わらないことの美しさ。

どちらも含めて “多様性” であることを信じたい。

今存在しているものは、伝統文化のようにありのままの形で後継していくことができるが、今の時代にあわせて新しい形を生み出すこともできる。しかし、風のように移り変わっていく世界で生き残るには、良さを残しつつも対応していく必要があるのかもしれない。

Some people like to change their lifestyle constantly, and some people like to stick with what they already have. In today’s world, it’s harder for the latter because the world is changing so fast that you’re expected to adapt a little at least. But it’s always the best if you can keep your style.

スケーターのなかには、時代の変化を受け入れることを難しいと感じる者が多く見られる。もともと社会に中指を立てて生きてきたバックグラウンド/DNAが強く残っていることが関係しているだろう。世の中の流れには従わず、独自のルールを見つけて生きることがスケーターの魅力のひとつであった。さらに、スケートが “スポーツ” として認知する人が増えたことにより、ストリートスケートの厳しい規制も強化され続けている。それを含め、これまでのスケート独特のカルチャーや自由さを失っているのも事実だ。

There are a certain amount of skaters who seem to have a complaint about the way of skateboarding exists now in Japan. The beauty of skating is somehow lost with new perspectives of it, often seen as a sport rather than a culture. It’s making huge changes influenced by society and other events; for example, street skating is getting more and more restricted. Because skaters always have expressed themselves against what society wants them to be or do, they tend to find their own style and rules to live with. It’s harder to keep the skate culture as it is.

それでも視点を変えれば、スケートは社会の影響を受けて良い方向に変化しているとも言える。スケートパークの増設やメンテナンスによって整ったスケート環境があったり、いつでもどこでもスケート用品を買えるようになったり。今後スケート関係の仕事をしていきたい人にとって、自分で作った商品のブランド化や企業との案件など、いろいろな形のビジネスに発展しやすくなったのではないか。こうした変化のおかげで好きなことを仕事にできている人も少なくはない。

However, skateboarding has gotten a good impact as well. After the olympics, they recognized the need of skateparks so that a lot of new ones are currently under construction everywhere. Also you can buy skate gears from your favorite skate shops, either online or in store anytime. For those of you who want to have run a skateboarding business, there’re more options and chances to go success. Even if you miss the old school of skating, you should be grateful for what society has brought in.

また、わたしたちの生活に欠かせないInstagramやYoutubeなどのSNSによって、”スケートビデオ” がもつ役割も変化しただろう。これまでパートを出すことが自分の表現となり、そこからスポンサーを受けるという流れが一般的だった。スケートブランドやスケーターに認められるための方法だ。しかし現在では、スマートフォンで簡単に撮影ができるうえに、誰でも世界に発信できるという状況であり、SNS上の動画をきっかけに知名度を上げた人も多い。

SNS might’ve changed the role of skate videos as well. It used to be common for skaters to make their video part, in order to get sponsored from skate brands or some sort. But now, anybody can easily record videos on iPhone and go viral. There maybe some skaters who became famous because of the short videos they post on Instagram.

そこで今回紹介するのは、可愛らしい見た目とは裏腹に男子顔負けの滑りを魅せるSayakaさん。Instagramでは4万人近くのフォロワーをもつガールズスケーターであるが、この度初めてのパートを制作している。一見インフルエンサーとして成功している彼女にとって、パートをもつことはどういう意味を成すのか。その答えを探るため、彼女のこれまでと今後について聞いた。

We’re here to introduce a Japanese girl skater, Sayaka, who is about to have her video part soon. She has close to 40,000 followers on Instagram, and is popular all over the world for her skating. It seems like she’s successful getting the attention, but her dream is further in the different direction. What does it mean for her to appear in a skate video? For this article, she talks about how she got into skating and the future she envisions.

もくじ

  1. スケートボードとの出会い
  2. スケートを続けて変わった自分
  3. ガールズスケーターが憧れる存在に
  4. 未来へのファーストステップ

スケートボードとの出会い

Beginning of Skate Life

Sayakaさんは、大学3年生のときにスケートボードをはじめる。中学は吹奏楽部に、高校は市民のジャズバンドに所属してトランペットを演奏していた。大学に入ってからも続けていたが、自由時間はすべてスケートにつぎ込まれるように。某スポーツショップで働きはじめたという友達に誘われてスケートボードを購入した彼女は、一緒にはじめた友達を差し置いて、一気にスケートの虜に。ショッピングセンター付近にあったトランポリンのような床が跳ねる遊具を利用してオーリーの練習をしたところ、少し浮いたことに喜びを感じ、そこからどっぷりとハマっていった。そして、ひとりでパークに通う日々がはじまる。駒沢公園の雰囲気に魅力を感じ、やがて駒沢ローカルに。スケートの基礎は、Youtubeで自ら学んでコツコツと練習していた彼女だが、駒沢公園で滑っているときに同世代のスケーターのデッキが飛んできたことを境に、仲間を増やした。「なにを練習してるの?」からはじまった会話をきっかけに、駒沢のスケーターたちと親交を深めることに。

Sayaka started skating when she was in college. Before then, her passion was playing the trumpet for a long time. One day, one of her friends had started working at a sports shop, and she bought a skateboard there. They both started together, but Sayaka got into skating more and more. There’re a lot of people saying that going to a skate park alone as a beginner is scary, though there was never a thought like that in Sayaka’s mind: She started going to Komazawa park by herself. Youtube was a great source to learn basic tricks from, and it was no problem. But she quickly became friends with people at the skatepark. There’re many chances you can start a conversation at skateparks, even if you are new and practicing alone by the edge of a fence.

当時はスケートパークで女の子を見かけることはほとんどなかったという状況。しかし、Sayakaさんは子どもの頃から男の子の輪のなかに入って遊ぶことも多かったということで、そんなスケート環境は強みでしかなかった。”言いたいことはしっかり言う” 自分にも他人にも厳しいスケーターが多かったこともあり、スキルだけでなくメンタルもともに鍛えられてきただろう。楽しい瞬間も多かった反面、辛いこともたくさん経験してきた。一緒に滑っていた仲間の1人に「お前のつまらない人生はそのままスケートに反映されるな」と言われることも。

There were not many girl skaters back then, and that’s what made Sayaka grow as a skater in a way. Even now, girls who skate with boys seem to get better than those who don’t. She got the most out of the environment, but there were some jerks too. Now that she thinks about it, it could’ve been one of the fuels; one of her skater friends told her that her “boring” life is literally showing in her skating. Of course she’s still mad at the person.

スケートを続けて変わった自分

Skateboard Changed Her Life

スケートをはじめる前は、自分に自信がなかったというSayakaさん。トランペットを演奏していた大学時代でも「自分にはなにがあるんだろう」と常に悩んでいた。それまで、すべてにおいて1番でなければいけない!という考え方にとらわれていたのだ。しかし、スケートのトリックをメイクすると自分のことのように喜んでくれる仲間のおかげで、”成長” に喜ぶことを学んだ。これまで成績で1番になることや、ピアノ演奏者としてプロになることなど “結果” を重要視していたことに比べ、ゴールや目標をもちつつも、ひとつひとつの過程に喜ぶことができるようになったと話す。こうしてだんだんと自信につながっていった。

Sayaka used to have this idea that she had to be the best at everything when she was in school. But then skateboarding changed that, because she learned that it’s okay to celebrate every time she got close to achieving goals, in this case they are skate tricks. She realized that it’s more important to enjoy the process, not the result. As she practices, she’s gained confidence in herself.

大学卒業後にアパレルの会社に就職したSayakaさんは、2年で店長にまで昇格したがすぐに仕事を辞めた。そして、これまでずっと行きたかった海外旅行にでた。これまで欧米やアジアに足を踏み入れた。そこで気づいたのは、スケートがあれば英語を話せなくても友達ができるということ。スケートをもってパークに行くだけで現地のローカルと交流することができるのだ。言葉を交わさなくても、ローカルでなくても、トリックを決めればだれかが喜んでくれる。言語以外のコミュニケーション方法で喜びや楽しみを共有することの素晴らしさに気づくこともできた。

After college, Sayaka had worked at an apparel store and gotten promoted to a store manager in 2 years. She felt that there was nothing more she could do, so she quit and traveled the world. English wasn’t her strong suit, but she was able to communicate through skating. You can still share happiness and other emotions without saying a word. That’s how she made friends everywhere.

ガールズスケーターが憧れる存在に

Becoming A Person Whom Girls Look Up To

磨きかかったスケートスキルと、女子ならではの魅力あふれるSayakaさんの滑りに魅了される方も多いのではないか。日本だけに限らず海外からも注目を集めている彼女は、これまでに多くの “ガールズイベント” に携わり、ガールズスケーターたちを盛り上げる中心的存在となっていった。2019年4月、東京・天王洲アイルに期間限定でオープンしたスケートパーク “Nike SB dojo” のスタッフだった彼女は、毎週木曜日の夜に行われた女性限定イベント “GIRLS NIGHT” も支えてきた。毎回20人ほどのガールズスケーターたちが集まり、楽しく交流できる場として大盛況だった。そんなGIRLS NIGHTは、集大成として1日規模のイベント “GIRLS SKATE FESTIVAL” にまで成長を遂げた。スケートをはじめたばかりの人や、周りにガールズスケーターの友だちがいなかった人にとっては、スケートカルチャーへの大きな入口となったであろう。


It’s a sure thing that Sayaka has impressed many people in and outside Japan by her skating skills with the style. Moreover, she has occasionally contributed to the girl’s skate community in Japan as well. She became a part of Nike SB dojo team in 2019, and worked as a staff at the first skatepark owned by Nike SB. “GIRLS NIGHT” was a weekly event where only girls and trans people could come and skate during the set up time. The event was successful every week and eventually led to a one day event called “GIRLS SKATE FESTIVAL”. During the time when more and more girls started skating, those events helped expand the girl’s skate scene.

Nike SB dojo

未来へのファーストステップ

On The Way To Make Dreams Come True

こうしてスケートライフ突入から9年目にして、Sayakaさんがずっと叶えたかった夢のひとつである、初パートをLesque Skateboardsから制作することになった。ライダーのRyo MotohashiさんやKenya Okunoさんが出るビデオには、明るくスマートな雰囲気があるのと、”ウェルカム(最初の)” パートということもあり、Sayakaさんの希望で日中の撮影のみで作成する映像となるようだ。ストリートスケートに対して厳しくなる一方の東京や関東エリアで、夜のカットは使用しないという強いこだわりで挑む。

Finally Sayaka is taking a step forward to one of her dreams; making a skate part, at 9th year of skate life. A domestic deck company, Lesque Skateboards has supported her through it. For this video, she is committed to only using the clips she got during the day for two reasons: One is that it’s a “Welcome” part and it should be bright as the beginning of starting something new. Another is that the riders of Lesque, Ryo Motohashi and Kenya Okuno both express lightness and smartness through skating. It’s challenging because it’s getting harder and harder to skate in the street, especially in a city like Tokyo. Street skating at night is a way to escape from the cops or security guards. 

これまでに数々のスポンサーや、多くのInstagramのフォロワーを手に入れてきたSayaykaさんはなぜ、このパート作りに励んでいるのか。それはやはり「スケーターに認められるスケーターになること」という彼女がスケーターとして達成したい目標があるからこそである。そしてその夢を叶えるには、いつだってスケートビデオが評価の基準になっていく。彼女のフルパートは、きっと近い将来見ることができるだろう。

It seems like Sayaka has been getting enough spotlights for herself, but why does she want to have her skate part? She answers to the question, it’s a dream that she wants to be a skater ,whom skaters would be like “Oh yeah she fucking shreds!”. And it’s always gonna be judged by skate videos. She’s hoping to have her full skate part one day.

10月10日(祝月)に渋谷・不眠遊戯ライオンにてSayakaさんの初パートを含めたスケート試写会が行われる。Instagramでは見ることのできない “スケーター” としての彼女の作品は必見だ。

Sayaka’s first video part will be shown at Music bar Lion in Shibuya. It’d be an epic night!

Skate Video Premiere “M∞N” at 不眠遊戯ライオン

Skate Video × Hip Hop × House が渋谷を照らす一夜 “M∞N(ムーン)” 。Lesque SkateboardsからSayaka Takanoのウェルカムパートにあわせ、BuggyeやWorld Conspiracy Magによるスケートビデオの上映。さまざまなバックグラウンドをもつDJやラッパーたちによる音楽の融合。スケーターのソウルフードとしてお馴染みのPOTRERO TACORICEやOBTRAFFICによる新作アイテムもチェック必須。10月10日(祝月)不眠遊戯ライオンにて。

Skate Video Premiere “M∞N”
presented by SP∞CE Magazine

10/10 (Mon)
20:00 – 27:00

at 不眠遊戯ライオン

Entrance ¥1,500

SKATE VIDEO
SAYAKA TAKANO “LESQUE” WELCOME PART
BUGGYE
WORLD CONSPIRACY MAG

DJ
DJQu
Kodai Sato
Leo Ichikawa
MonoGoi
Naoki
Renan
Tyler

LIVE
Akira Something
Evee
Ivo

POP UP
OBTRAFFIC

FOOD
POTRERO TACORICE

Flyer Design by Ryutaro Itoga

横浜のスケートショップ・FABRICオーナーが語る30年の歴史 | 30 Years of Skateboarding History in Japan

職場や学校の近くに、

最寄駅の近くに、

いつも行くスケートパークの近くに。

今では身近な存在となったスケートショップ。

Skateshop is something you can find in your neighborhood nowadays.

いつでもどこでもスケートボードを買える環境にまで至ったのは、つい最近のことだ。現在、スケートボードを取り扱うスポーツ用品店/スケートショップは、全国におよそ400店舗にまで増えている。2021年に行われた東京オリンピックで正式種目として初登場を果たしたことや、ひとりでも楽しめる遊びとしてコロナ渦で人気を集めたことによって、スケートの需要は大きな変化を遂げた。実は、日本では1960年代の頃からサーファーたちを中心にスケートは普及していた。そして1980年代から1990年代にかけて、若者の間でブームとなった。日本でスケートが流通しはじめてから今までにさまざまな変化を遂げているが、それを知る人は少ない。

When you need a skate gear, there’re a lot of options you can choose from: your favorite skate shops, franchise skate shops, or online. In Japan, there are currently about 400 shops that sell skate gears. The two big reasons why Skateboarding became popular here are because of the olympics and the covid-19. In fact, it has been almost 80 years since skateboarding arrived in Japan, and not many people know the history of it.

今回は、中学生の頃から40年近くスケートを続けているスケートショップ・FABRICオーナーのHideyaさんが、これまでの横浜のスケート環境についてや、さまざまなエピソードを語ってくれた。

For this article, a skate shop owner, Hideya who has been skating for almost 40 years, talks about the skate scene’s history in Yokohama.

Continue reading “横浜のスケートショップ・FABRICオーナーが語る30年の歴史 | 30 Years of Skateboarding History in Japan”